重度知的・自閉症児と母の成長日記

重度知的障害・自閉症の男の子を育てる母の日々の出来事を思い思いに綴っていきます。毎日ただ穏やかに過ごしたい。 目指すは地域のすみっコぐらし。

責任

ご訪問ありがとうございます。

 

障害児育児をしていると

色々な選択を強いられることになる。

特にワンオペなら尚、追い詰められる。

 

 

子どもの体調が悪いのか?

学校に行ける体力があるだろうか?

デイまで行かせても大丈夫だろうか?

病院はどこの病院がいいだろうか?

デイもこの子にあってるのだろうか?

自宅で過ごしてばかりでいいのだろうか?

偏食もこのままの状態でいいのだろうか?

新たに病院受診をするべきなのではないか?

もっと出来ることが沢山あるのに怠けすぎなのではないか?

 

など

 

 

体調不良や具合が悪いことを教えることが出来ない我が子。

顔色やちょっとしたしぐさや動きでどこか具合が悪いのではないか?と

母親が気が付かなければならない。

 

 

転んだりすればケガをするし本人も泣くので私も気が付くし目で見てもわかる。

鼻水が出ていたり、熱がある場合もすぐに分かる。

だけど耳が聞こえなかったり、目が見えにくかったり手足が動かしにくいと本人が感じても、その異変を私に伝えようとすることは出来ない。

 

 

分かりにくい病気の場合は周りの人が気が付いてあげなければ

医療につながることは出来ない。

 

 

弟くんの動きに違和感を覚えて病院に連れて行って

 

 

そして、最初の医師に異常ありませんと言われても

その後の状態が改善されることもなく。

私は医師の診断自体も疑っている。

 

 

数人がかりで押さえつけて暴れる弟くんを

パッと見て診断した医師。動いてる状態で細かいところまで

診断出来るのだろうか‥‥

 

 

異常はないと言われたけれど

最後に細かい検査は麻酔を受けないと

もう出来ませんとも言われた弟くん。

 

 

医師のような専門的な知識はないけど

毎日毎日、我が子の表情を見てる

母親のこれはちょっとおかしいのではないか?という勘は

当たるのではないか?

 

 

本人が見え方や聞こえ方を教えることが出来ない以上

出来る検査も限られているのかもしれないけれど‥‥

 

 

今回、明らかに別の異常が見つかり病院を受診するが

(具体的な症状は伏せます)

精密検査をして貰いたい‥‥

そして、そうなるように動こうと思う。

 

 

今回の異常が分かったときに実母から

「なんで、もっと早く気が付かなかったの!?」と責められた

 

 

別にわざと気が付かなかった訳ではない

私自身も何か変だな…と思っていた。

病院だって通っていた。それでも気が付くのが遅れてしまった。

 

 

それでも気が付かなかったのは母親のせい。

喉が締め付けられる。

 

 

毎日毎日、どうしたらいいかな…と頭を悩ませる。

 

 

あれもこれも決断するのは母親。

たまには私の代わりに誰かに決断を任せたい。

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

押して頂けるとブログを書く励みになります。