重度知的・自閉症児と母の成長日記

重度知的障害・自閉症の男の子を育てる母の日々の出来事を思い思いに綴っていきます。毎日ただ穏やかに過ごしたい。 目指すは地域のすみっコぐらし。

やっぱり怖い将来のこと、特定検診に申し込んだ

ご訪問ありがとうございます。

 

早いもので、もう8月になりました。

今年は花火大会も全て中止。ラジオ体操も中止、イベントも軒並み中止と

子ども達にとっては退屈な夏休みになりそうです。

 

コロナが蔓延してきてるので仕方がないですね。

 

弟くんは放課後等デイサービスに通っていますが

水遊びをしたり、壁画制作を少し作ったり、ダンスを見たり、デイでは楽しく過ごせているようです。

 

 

中高生のお兄さんが多いので、可愛がってもらっているようです。

嫌がらずに通ってくれることが嬉しいです。

 

 

周りの色んな人達に支えられて、少しずつ成長していくのだろうな…と

本当にありがたいな…と思います。

 

 

そして、私はしばらく放置していた特定検診を申し込みました。

全国健康保険協会から送られてくる特定検診の案内。

 

40歳から74歳までの協会けんぽ被扶養者が対象です。

 

 

去年も受けましたが、今年も受けようと思います。

 

基本的な検診↓が無料で受けられるのでお得です。

  • 診察・問診
  • 身体測定
  • 血圧測定
  • 血液検査(血中脂質・肝機能・血糖)
  • 尿検査(蛋白・糖)

 

 

今年は上記+追加項目をセットにして申し込みました。

 

Aセット・Bセット・Cセットと定食のメニューのように検査を追加できるのですが、

去年は全項目のAセットを申し込んだので、

今年は肝炎と胃がんリスク検査を除いたBセット(11000円)にしました。

 

Bセットは上記の基本的な検診とは別で

の検査が出来ます。

これだけの検査が出来て11000円は安いと思う(*´-`)

 

 

若い時はそこまで自分の健康に関心があまり無かったのですが

年齢も重ね、弟くんの将来を思うと

嫌でも健康を意識するようになりました。

 

 

豆乳と青汁を毎日飲んでみたり

酵素のサプリやマルチビタミンのサプリを飲んでみたり…

元気が出ないときはすっぽん小町を飲んでみたり…(効果はわかりません)

 

 

とにかく

長生きしたいんです……ボケずに!( ・`ω・´)キリッ

 

 

癌になる心配よりも、痴呆が心配です。

痴呆も遺伝するのかな…ボケやすい家系があるのだとしたら

間違いなく、うちはボケの家系。。

 

 

曾祖母がボケて亡くなり。

祖母もボケて亡くなった。

これで母もボケたら……もう間違いないよね!!( ;∀︎;)

 

 

弟くんのことをサポートしたいのに

ボケてしまったら、どうしたらいいのか・・・

怖いです。すでに物忘れも半端ないので更に怖い。

 

 

しかも歳をとってからの子どもなので、早い段階でやってくる

親亡き後が本当に心配です。

 

 

 

出来る限り、長く生きてサポートしたい。

いずれ施設もしくはグループホームにお世話になるのだと思うけど

環境の良い、利用者がニコニコ笑顔が絶えないような施設を探したい。

 

 

 

そんなの選ぶほどの空きは無いのだろうけど(待機が多いからね)

それでも最善を尽くしたい。

 

 

 

大切に大切に育てた子が施設で酷い扱いされるとか

勘弁ならない。本当に。

親と同等になんて無理な話だろうけど、せめて人として出来る限りの配慮してほしい。

話せないからと、ぞんざいに対応しないで欲しい。

(多くの施設はそんなこと無いと思いますが…)

 

 

じゃあ家で見たらいいじゃないか。という障がい者家族はいないと思うけど

障がい者に無縁の人は何で施設に預けるの?という人はいると思う。

 

 

親がいなくなった後も、1人で食事作って、お金の管理が出来て

生活が出来て、生きることが出来るなら、施設なんかじゃなく一緒に家で過ごしたい。

 

逆に私がボケて先に施設に行かせてもらうかもしれないけど。

 

 

1人で自立して生活できる能力があるなら

施設入所なんて選択なんてしないよ…

出来ないから、1人で生きていけないから苦渋の選択で施設を選ぶ。

 

 

歳をとってから急に環境が変わること

それが自閉症の人にとって、どれだけ大変なことなのかを考えたら

早いうちに施設の生活に慣れて行った方がいい…

 

 

 

全ての親が、そんな考えでは無いかもしれないけど

そんな風に思ってる親は少なくないと思う。

 

 

 

 

私は100歳までボケずに頑張りたい。

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村