重度知的・自閉症児と母の成長日記

重度知的障害・自閉症の男の子を育てる母の日々の出来事を思い思いに綴っていきます。毎日ただ穏やかに過ごしたい。 目指すは地域のすみっコぐらし。

最近の弟くん、少しずつ前へ

弟くんは重度知的障がい、自閉症の5歳の男の子です。

 

ここ数ヶ月、駆け抜けるように

いろんな出来事があり、

色々と考えることも増えて

モヤモヤ・ふわふわしたような日々を過ごしています。

 

 

新しい療育先を増やしてから1ヶ月。

 

最初は、入ることさえ嫌がった弟くんでしたが

先日は、自分から車を降りるとスタスタと歩いて行き、入口の前でドアが開くのを待つことが出来ました。

 

促されると靴も途中まで

脱ぐことが出来ました。

 

 

最初は泣いて嫌がっていたのに

入るや否や、すぐに担当の保育士の手を取り

私の方を振り返ることもなくプレイルームに

行くことが出来るようになりました。

 

 

そして、私も入ろうとするとドアを閉められます(;o;)それ程までに母子分離も完璧ですw

 

 

更に、ドアを閉められる前に

 

先生にこのバック持って行って❗️

バック❗️ 持っていくよ❗️

 

と伝えてバックを差し出すと

バックの持ち手を掴み

先生の元(1メートルくらいの場所)まで

持って行くことも出来ました。

 

 

僅か1ヶ月の間ですが着実に成長してる‼️と

実感する出来事でした。

 

 

 

弟くんは弟くんのペースで

焦らずゆっくりで。

 

 

 

言葉は変わらず2語しか出ていません。

だけど、いろんな声を出すようになって来ています。

 

 

模倣も段々と出来るようになって来ました。

一本指を出したら一本指の形をまねる。

グーにしたらグーにしたり。

音楽に合わせて指でテーブルを叩いてリズムをとったり。(たまたまかもしれないですが)

 

 

 

あとはオムツを卒業出来れば

偏食が改善出来れば

給食が食べられれば

 

 

来年度からの不安が少なくなります。

 

 

トイトレはおまるではなく

トイレの中で出来るようになりましたが

難航しています(;_;)

気長に……だけどいつ終わりが来るのか。

 

 

偏食は少しずつ工夫してますが

今のままでは普通の給食は無理です。

超ウルトラ偏食。

 

 

あと半年で小学校。

少しずつ頑張ろう。

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

押して頂けると励みになります(*´-`)