重度知的・自閉症児と母の成長日記

重度知的障害・自閉症の男の子を育てる母の日々の出来事を思い思いに綴っていきます。毎日ただ穏やかに過ごしたい。 目指すは地域のすみっコぐらし。

障がい児だと気がつくまで…その①

うちの弟くんは現在5歳。

市の療育センターに朝から15時まで

週5回通っています。

そして、OTとST、MTも受けています。

 

今でこそ、落ち着いていますが

今現在に辿りつくまで沢山の出来事がありました。

 

まず、

 

0歳…産まれた時に片目が閉じたままで産まれ、眼瞼下垂の可能性があると言われる。3ヶ月の時に眼科を受診するも問題なし。首すわりも遅めだったが、検診では特に指摘は無かった。皆から可愛い可愛いと言われ、親もハッピーな毎日。

 

 

1歳…引き続き、周りの皆から可愛がられる。おとなしいね。育てやすいでしょ。とも言われる。

離乳食もバクバク食べて問題なし。ただ、言葉は出ない。目がなかなか合わないのが少し気になる。

1歳6ヶ月検診では保健婦さんの指示が通らず。

後日、個別で面談を受けて、つま先立ちやらを指摘

ことばの教室を勧められるも、

まだ小さいのに大丈夫でしょ!失敬な!と深刻に取り合わず。←ここで深刻に受け止めれば良かった。

 

 

2歳…相変わらず、皆チヤホヤ。が、言葉は出ない。出るのは笑い声か、あーとか、うーとか。

表情は豊かだが目が合わない。名前を呼んでも反応しない。動きが活発になってきて家の中でも廊下を行ったり来たりを繰り返す。公園にいっても遊びはもっぱら広場のかけっこ。

言葉が出ないことが気になりだす。しかし、周囲の人から、男の子だからそんなもん。うちもそうだったよ。大丈夫よ。ほぼ全員に言われもう少し様子をみる。

食事も今まで食べていたものを食べなくなったりと2歳の終わりにはかなりの不安に駆られる。

 

 

続く…

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あまり↑よくわかっていませんが、

応援お願いします。